心臓6(久しぶり)

昨日も書いたが、医者に安静の意味を諭される。退院して約半年。ほぼ平坦だが回復方向には向かってるらしいが。

改めて。熊坂は心臓が悪いのだが、悪いからと言ってイキナリ止まったりするか?っていうとそれは一般的な人に比べれば確率は高いけど、そういう事じゃなくて、負担が大きくなれば耐用年数が短くなるって事らしい。シンプル。ベタ踏みの軽自動車状態。ちなみに立ってるだけでも人間の体に隅々まで血を巡らすのはなかなかパワーがいるらしい。特に腎臓とか肝臓とか。ところが、横になってると、心臓とか、肝臓、腎臓は位置エネルギーで、同じになるので、横になるのは意味があるらしい。なるほど。納得。

 

とにかく再入院したくないなら、安静に。

安静の意味を徐々に理解してきてる熊坂です。やはり仕事は楽しいし、色々やりたい事だってある。本音を言えばスノボーだってもっとパウダーやりたいし、山登りだって少しはしたい。お腹いっぱいカレーだって食べたいし、なんなら若い女子といいとこで飯だって食いたい。けどそんな色んなことより2人の息子が立派に育つのを見届けたいので、長生きしたいから安静にする。安らかに静かに。

 

もっとも俺の正反対の行動だわ。f:id:hynm_kumasaka:20190316112805j:imagef:id:hynm_kumasaka:20190316112833j:image