宣伝1

久しぶりに仕事のことを書くわ。

こんなはずじゃなかったんだよな、ほんとはこんなにゆっくり札幌にいる予定でもなかったんですよ、実際このお祭り視察もしたかったし。

 

BEAMS時代にあまり接点はなかったけれども、アートホリックな後輩で、もう芸名?みたいな、清家未来くん。

が、偶然facebookにアップしてたのがこれ。

info798748.wixsite.com

ま、町のお祭りですよ。多分。

 

で、なんで、協賛しようかな〜って思ったかっていうと、まず、この清家くんが偶然ね、俺が見たタイミングでSNSアップしてた、っていうのと、

我ら、fridge setagayaはもしかしたらこの和泉多摩川駅周辺、結構アリかも。って思って実は昔から結構好きで、リサーチしてた場所だったりもしたので、なんか応援したくなって。

 

正直、やってる人と話してもいないし、協賛したにしても、絡めるかどうかなんてわからない。そもそも町おこしをやるぜ!的な若い世代の行動力自体に、内輪ノリ感を感じてしまう男、ひねくれ者、熊坂ではあるんだけども。

 

僕らの暮らしている、世田谷線上町駅周辺は、すでに「世田谷ボロ市」という強烈なキラーコンテンツがあり、参加させてはもらっているけど、運営に回るのは多分難しい。また、キラーコンテンツがあるがゆえに、新しいコンテンツを生み出すのも、たとえ、自分が完調であれど難しいだろうなあ、と思っていた。

 

で、この和泉多摩川駅

 

個人的にはいいところに目をつけてるなって思う。

実際、世田谷に家を建てたことがある、熊坂からすると、世田谷区喜多見、世田谷区鎌田、宇奈根なんかより、よっぽど利便性良くて、川も近いし、色々できるんじゃないかなって思うんだこのへん。実際世田谷ブランドではないけどさ。

とか、そういうことに気づける人たちがたくさん出てきたらいいなとか思うんですよ、実際人気なの?二子玉川から、車で10分くらい横にスライドするだけで、こんだけ豊かな場所に住めたりするわけです。

 

ま、東京だと、電車便すごい大事だから田園都市線ね、わかるんだけど、

いいところだと思うんだよな、ここ。

 

 

っていう、シムシティ的感覚で、すごい好きな町だったので、

応援して見ました。

 

お祭りの内容はよくわかってないけど、それでも協賛するっていうことを、

40代になったら積極的にやってこうと思っていたので、まずは。

 

ってとこです。

 

 

近所の人はよかったら、のぞいて見てください。で、熊坂に感想を!

fridgeは出店しませんので、間違えないでくださいね!ここのぞいてから、

fridgeに涼みに来てください。

 

で、札幌にいる熊坂に感想を!

 

 

 

でわ。