読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランドの話 vol3 【the park shop】

こんばんわ。

今日からgoout campで京都の山奥なんで、

街中に居るうちに書いちゃいます。

 

f:id:hynm_kumasaka:20161104120024j:plain

 

今日紹介するのはthe park shopというブランドです。

 

このブランドの中の人は、元々phatee(vol1参照)に似たブランド

GOHEMPの営業マンだった人が独立してやってるブランドです。

実際全然(今はそんな事無いんだけど)当時どちらかと言えば

ライバル的な関係だったにもかかわらず結構個人的には仲良く出来た、

とても好きな人の部類に入る誠実なお兄様って感じの人です(年下だったと思うけど)

全く、hemp関係なくって面白い。こういう事を腹では考えてたのねっていう。

 

勝手な解釈だけど、お父さんが考える男の子の為の子供服って感じですかね?

はっきり言うと個人的な状況で大変申し訳ないんだけど、

俺的には離婚して、5歳の息子と毎月会うのを楽しみしている立場としては、

fridge setagayaで子供服扱うのは、、、正直悩みましたけれども。

 

でも、駒沢でショップ構えて、同じようなタイミングで独立した同士、

応援したい気持ちのが強く、やんわり展開した感じです。

 

が。

 

子供服って僕らのような新参ショップではなかなか売れない。

俺は離婚パパだから、たまの息子へのお土産にそこそこの金額の子供服って

買ってあげれてしまうけど、すぐに大きくなる我が子への洋服に

親のエゴでなかなか金額の張る子供服ってお金使えないんだなあ、、、と。

だし、工程は同じくらいあるから、(特に凝っていれば凝っている程)

決して安く作れないのも全然洋服屋さん同士なら理解出来るんだけど、、、ね。

だし、やっぱりこれも離婚パパ的になんか、

子供服見てると切ない気持ちにもなったりするしね。

 

って感じだったんだけど、バックや雑貨類が相当に面白いからちょこちょこ

展開させてもらってます。最近は大手さんにも採用されているみたいなんで、

嬉しい限りです。カバンと小物は本当に評判良いですね、うちでも。

 

今後もおもしろグッズがどんどん入荷してくるので乞うご期待です。

というのもブランド名にあるpark。つまり公園ね。それをイメージさせる物が

多いんですよここ。だから、面白い物が少なくない。というか多い。

 

でも、一つだけ苦言を言うなら、せっかく駒澤公園の近くに物件借りてて、

事務所にしか使っていないような状況って残念すぎるわ。

人が足りないのよくわかるけど、そこは気合い入れて頑張ってほしいな、

って強く思うよ僭越ながら。開けないなら貸してほしいww。

物件を借りてるのは本人だから自由なんだけどでも、店を構えるって言葉を

信じて、「近所で頑張ろう!」って話だったんだし。

ま、たいしたオーダー量でもないんだけど。

 

そこは、本人が頑張ってほしいな〜とか思うよ。おなじ商圏としては

鈍い場所で独立するって選んだ身としては面白い店(飲食じゃなくて物販)が

増えてくれないと、町として成立しないからね。

せっかくすぐ近くにwindandseaあるんだし。

 

頑張って!変な商圏作ろうよ!

 

おわり。

 

最近好評のデブスタグラムはこちら。フォローして下さいまし。

www.instagram.com

fridgeのインスタはこっち。こっちのがフォローして欲しい。

www.instagram.com