読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年1年お世話になりました。

札幌で遊びほうけてます、熊坂です。

今年1年お世話になりました。

昨年、2014年11月にfridge setagaya sakuraをオープンし、

そのまま、勢いとノリで、fridge setagaya centralを3月にオープン。

あっという間にsakuraの方は1周年。

 

もう本当にあっという間の1年でした。

 

たくさんのいい出会いと、

たくさんの分かれ。

たくさんのいいブランドとの出会いと、

たくさんの訣別。

 

縁があればきっと、諍いが合っても必要があれば元に戻るはず。

そういう時間と経験が過ぎ去った年齢、つまり中年になりました、私。

もう、こういう気性のあらく、

生き急いでるって言われるの慣れちゃいました。

 

自身も40歳になり、節目の1年になるであろう、2016年は

新しいスタッフの加入もほぼ決まり、

前半は特に勢いよく進めていこうと思っています。

 

まずは、ZOZO TOWNへの出店。

その後も、色々と考えている2016年ですが、

まだまだ明かせません。とはいえそれらが出来るのは

ひとえに協力下さる皆様のおかげです。

 

 

来年以降もfridgesetagayaと、母体の株式会社ドナは

自分たちの為にも皆さんの為にも頑張っていこうと思います。

もはや、僕だけのわがままだけで進めないほどの沢山の人に関わって頂き、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本当にありがとうございました。

 

 

熊坂個人に於きましては

2015年は会社以上の沢山の喧嘩と、諍い、別れを経験致しました。

ひとえに自身の至らなさだと思っています。

 

とはいえ、40歳になってしまった今、

自身の信念と残った時間を考えると、

大事な時間の使い方を考えた上での決断でした。

 

これからも頑張ります。不快な事もあるかもしれませんが、

熊坂自身は自身として正当だと思っている事に関しては

一切帳尻を合わせるような事をしない、つもりで頑張ろうと思っています。

お許し頂けるのであればおつきあい下さい。

 

大切な息子の成長を見守りながら、

私自身の成長、スタッフの成長を願い来年一年、

頑張っていこうと思います。

 

2016年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

f:id:hynm_kumasaka:20151231214714j:plain

 

 

㈱ドナ

熊坂 スグル