白。

こんばんわ。

今現在は仙台に居ますが、

3日夜に東京を出発し、那須塩原の卸し先さんに

顔を出したら、東京出張で会えず。いたずらだけして、

悔しいので一気に盛岡まで行って、今日は盛岡から南下。

盛岡→北上→今仙台でうだうだしてる熊坂です。

明日は磐越超えて日本海見てやろうと思ってます。

 

インスタがもはや食レポだと、突っ込みを受けておりますが、

仕事してます(営業マンなんです)。

 

さて、さっそく。

fridgeでは既に告知の通りセールしてますが、

毎日続々と新入荷があったりしてます。

 

fridgeのセールはどちらかというと、

「この糞暑くて仕方ないのに、わざわざお店に来てくれてありがとう」

の意味でやってるので、当然新入荷もセールにせざるを得ない訳で。

 

はい。

紹介。

insane

熊坂と同世代には懐かしい、あれです。

個人的にはリアルすぎるスケーターの人が嫌ってるんじゃないかと(勝手に)

思ってる岡スケーターなブランド(だと勝手に定義)してるので、

スケートなんて出来ないオーナーの自分の店でもやれるかな、と。

 

だって、可愛いじゃないですか。それだけの理由&二十歳くらいの頃の

洋服が好きすぎて、Tシャツのネックが溶けるくらいまでお気に入りの

Tシャツはヘビロテしてた頃に着ていた、という甘酸っぱい思い出も

重なり。

 

本来のネーミングは「twisted bear」ですが、

熊坂的には捻り熊。そんな感じのアイテムに、

白系のキャップを別注。

f:id:hynm_kumasaka:20150724024535j:plain

黒白でファニーになりすぎないような仕様。

で、男前な真っ白はこちら。

f:id:hynm_kumasaka:20150724024612j:plain

こっちは、実は秋冬もにらんで、誰がかぶってもどうにか収まる、スーパー

ベースボールキャップotto社の、ウールバージョンです。

9月でも冬でも白いキャップ。かぶりたい。

 

ちなみに、この2カラーはfridgeでしか買えませんよ。

 

で、さらに。

 

これも別注。

静岡の大好きエターナルさんで昨年見つけたブランド。

気がつけば、大阪枚方市まで、実際に足を運んで意気投合(したのかなww)

してる、もはやリメイクと言うには収まらないほど、

gooの音も出ない程のレベルで「再構築」をしている

theattractman(ザ・アトラクトマン)、というブランドさんに、

あーだこうだ言って作ってもらったモデル。

「ベアード」というモデル。それを更にダブルタブ仕様にしたんです。

f:id:hynm_kumasaka:20150724024930j:plain

f:id:hynm_kumasaka:20150724024937j:plain

f:id:hynm_kumasaka:20150724024947j:plain

f:id:hynm_kumasaka:20150724024954j:plain

1stモデルがすっきりさっぱりな直線仕様だったのに惚れ込んで、

2ndの曲線多めなタイプに難癖つけてw

わがまま言って更に進化してもらった3rdモデルは

熊坂の熊から「beard」と名付けてもらいました。

ホワイトデニムを2本解体し、パンツ1本と帽子になります。

どっちも入荷中。

 

で、このtheattractman(ザ・アトラクトマン)

まだ都心部では、うちだけです。

来年春には、やれ古着は調子良さそうだ、

とかリメイクブランドがどーたらこーたら

 

と、聞きますけど、別にどうでも良い話で。

 

ここんちは全然そんな感じじゃないですね。

リメイクじゃなく、材料が既存の洋服だった。そんな感じですね。

 

 

ま、一度見に来てください。

だらしない服装がうりの、

熊坂的には非常に緊張感を強いられる

シルエットが秀逸です。

緩慢な下半身にはしんどいアイテムでございます。

 

洋服のシルエットに振り回されてダイエットしたいと

気持ちだけは空回りがかなり激しいことになってますけど。

 

 

ま、よく言う「白は膨張色」とか言うけど、

膨張してりゃ良いじゃん別に、どうせ、デブはデブ。

で、細く見せようとするその姿勢こそが「頭がデブ」

だと、40前にやっと気づいた私です。

 

 

k

shop.fridgesetagaya.com